春の精の踊り

 c0054498_14513450.jpg 9月19日、20日「日々なる血脈」という中世古楽器生演奏の舞踏の公演が2日間ありました。暗黒舞踏系なのですが、私は華道家の今井蒼泉さんが音楽に合わせて生ける枝を手渡す春の女神とクラシックバレエを一曲踊りました。

 大地が人間が作り出した毒で汚染されて、でも逞しく自然が土に根を張り再生して、やがて春が来て花一面になって・・・さあでも人間は大地に帰れるのかな?という謎かけのような内容でした。
 私が演じた春という存在は、本来日光の照射時間の増減でしか無いので、あまり意味を深追いせず、ただ無心に柔らかく見えるポーズを繋ぎながら見る人が音楽やいけばなから総合的にイマジネーションの世界に遊んでくれれば良いな~と思って踊りました。他のキャストが黒やアースカラーの衣装だったので、踊りの衣装は半透明で、アルルカン風の髪のない頭にしてみました。鬘を被ったりするよりも抽象化された女性として見れたので、より想像力を掻き立てられたと沢山ご意見を頂きました。  
c0054498_14524966.jpgc0054498_14541020.jpg
[PR]
トラックバックURL : http://barayume.exblog.jp/tb/24714426
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by purima3 | 2015-09-22 14:52 | Trackback | Comments(0)

Dance Show「噴水キャバレエ」はクラシックバレエとコミックダンスの楽しいショータイムをご提供致します。どうぞお遊びにいらして下さいませ。


by KYOUSUKE