ピンクライトの女王終演いたしました。

 c0054498_1414832.jpg噴水キャバレエ総天然色軽演劇「ピンクライトの女王」無事終演いたしました。
 終戦後の浅草の街角から、ストリップ小屋に入る羽目になってしまう貧しい靴磨きの少年のお話で、セクシーダンス「タブー」を軸に、展開する寸劇です。動きっぱなしのお芝居なので、体力的にもキツく、お稽古場で何度も弱音を吐いていたのですが、本番は体も軽く感じられてノリノリでした。
 ゲストコーナーでは、中野区ローカルヒーローのサンガイヤさんに登場頂き、質疑応答やポーズなどを決めて、お客様と触れ合いました。
 フィナーレでは、それぞれの衣裳で3人が揃うと、おとぎの国の絵本の中の出来事のようで、とても楽しかったです。当公演、叶うならば再演したいです。ぜひ皆さんに昭和のむせ返る残り香を嗅いでほしいのです。

 
c0054498_1425270.jpg

東西一のヌードシアター浅草アプレ座から、踊り子のモンドみちるが逃げ出した!頭を抱える広告担当のサンドイッチマンの靴を磨く少年は、そのモンドに顔がそっくり。モンドの替え玉で、舞台に出ることになります。

ピンクライトの中で恥じらいつつも、観客を悦楽に誘うタブー。昭和の神秘と人生のカオスが此処に!!
c0054498_1445193.jpg

フィナーレはローカルヒーローと一緒に楽しいダンス。
 
c0054498_1464054.jpg

昭和の日劇や松竹歌劇団を意識したラテンの衣裳も見どころの一つです。
c0054498_1465744.jpg

 
[PR]
トラックバックURL : http://barayume.exblog.jp/tb/25249727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by purima3 | 2016-02-01 14:11 | Trackback | Comments(0)

Dance Show「噴水キャバレエ」はクラシックバレエとコミックダンスの楽しいショータイムをご提供致します。どうぞお遊びにいらして下さいませ。


by KYOUSUKE