カテゴリ:噴水キャバレエ公演( 30 )

  1. 「歌ふ忍者御殿」The singing Ninja's paradise 無事終演いたしました。噴水キャバレエでは何度か、踊りの合間に殺陣やアクションシーンを入れていましたが、私が武器を持って戦うのは今回が初めて。歌ったり踊ったりする忍者のショーをしたいと思い立ってたは良いが、何もかもが初めて尽くし。体力的にも不安を感じるお稽古でした。でもアクションの先生達のアドバイスや共演者の力演に助けられて、白熱のステージをお送りする事ができました。苦心した着物の衣裳も好意的なご意見を沢山いただきました。共演者の皆さん、いらして頂いたお客様、本当にありがとうございます。

  2.  
    c0054498_00102217.jpg

  3. 「秘伝花の忍法帖」
  4. 江戸時代、高尾山のふもとに歌や踊りを生業としつつ、各地の御殿に出入りし、諜報活動(スパイ)をする忍者達が優雅に暮らして居た。しかし艶やかな姿で敵を欺く秘伝をしたためた巻物を、徳川家康の護衛にあたり伊賀から土支田村(現在練馬区大泉町)に来た服部半蔵の血を引く黒忍者の牛王丸(ごぼうまる)に奪われる。牛王丸から巻物を奪還するために、立ち上がった忍者達。巻物の行方は、その勝敗はいかに・・・。
  5.  
  6. c0054498_00134041.jpg
    c0054498_00193662.jpg
      「八幡神の舞い」
  7.  ある日八幡神社の巫女たちが「屋島の合戦」において、源氏の弓の名手那須与一が、平家の女御たちの挑発を受けて、見事船上にゆらめく扇を射た物語を踊ります。鉄砲も大砲も無い時代、戦場に殺戮と美学が共存していた源平合戦の象徴でもあるこの逸話を目にして、忍者は苦悩します。永遠に語り継がれる華々しい武勇伝とは無縁の、闇を行きかう忍びの姿なき生涯。その苦悩に対して優しく微笑む八幡神の使いの巫女たちでした。
    c0054498_23334686.jpg
    c0054498_00150493.jpg
    c0054498_00152492.jpg
         ♪ 忍者御殿は 面白き 福を呼び込む宝船 寿染めた 錦の帆 カモメは舞う舞う 松の影~
    c0054498_00161960.jpg
  8. 噴水キャバレエの和物シリーズ、まだまだ続きます。ぜひ噴水キャバレエにお遊びにいらして下さいませ。
    c0054498_23345712.jpg
    c0054498_00002275.jpg


[PR]
by purima3 | 2017-09-04 00:28 | 噴水キャバレエ公演 | Trackback | Comments(0)

 忍者アクションと華麗な歌とダンスのショーを開催いたします。ぜひお遊びにいらして下さいませ。
噴水キャバレエダンスショー「歌ふ忍者御殿」 
 The singing Ninja's paradise
■9月2日(土)19時開場~19時半開演
■新宿区上落合3-23-17ユニーブル落合スタジオailee
■チケット代 ¥2,900(上演後清算)
■ご予約 purima3@excite.co.jp
c0054498_23041758.jpg


[PR]
by purima3 | 2017-07-22 02:36 | 噴水キャバレエ公演 | Trackback | Comments(0)

ゾウの惑星 

 「ゾウの惑星」よりお気に入りの一枚。警備戦団ガードマンさん、高身長で、ブーツ履いてるからダースベーダーみたいに巨大なんですよ。
c0054498_2492082.jpg

[PR]
by purima3 | 2016-12-05 02:50 | 噴水キャバレエ公演 | Trackback | Comments(0)

「ゾウの惑星」でした。

 「ゾウの惑星」好評でした。最初は「かわいそうなゾウ」の朗読劇。いつも音響に頼っていたのですが、今回は音楽なしの朗読でした。戦意高揚のために犠牲になった3匹のゾウ、トンキー、ワンリー、ジョンをどれだけ身近に愛おしく感じることが出来るか・・・上野動物園に何度も行って、動物の慰霊碑の前で得た感覚を頼りに読みました。

c0054498_850354.jpg

ショーは、ゾウや動物をテーマにしたダンス。そしてヒーローソングバトルでした。ゲストの茨城から来た黒い魔獣!?「警備戦団ガードマン」が歌いながら暴れ散らして、舞台上は異次元空間。檻の中で熊と素手で戦うかの如く激しいショーになりました。ガードマンさんの電飾で光る装備や、スワロフスキーガラスで光らせた衣裳が好評でした。
 
 ゾウの被り物で動物のダンス
c0054498_8512085.jpg

 ゾウの聖霊をイメージしたソロダンスの衣裳。
c0054498_2544712.jpg

太陽の戦士が地球を照らします。
c0054498_23535472.jpg


 温泉地や遊園地で催されていた昭和テイストなショーを合言葉に「噴水キャバレエ」はさらにレトロ感を山盛りにしてお送りしたいと思います。

 
[PR]
by purima3 | 2016-12-04 08:59 | 噴水キャバレエ公演 | Trackback | Comments(0)

朗読劇とダンスショー

 公演のお知らせです。茨城のローカルヒーロー警備戦団ガードマンさんをお招きして繰り広げる楽しいショータイム。ぜひお遊びにいらして下さいませ。
 かわいそうなゾウの朗読劇&ダンスショー『ゾウの惑星』
 宇宙と地平線が出会う場所で繰り広げられるゾウの交響詩。…地球は人間のモノじゃなく、ゾウの星なのだ!
★日時12月3日(土)18時半開場~19時開演
★会場 東西線落合駅徒歩1分スタジオaile(エレ)
★料金¥2,900 
★出演 KYOUSUKE 警備戦団ガードマン 玩装戦士サンガイヤ(真野将史)他
お席のご予約 ⇒ purima3@excite.co.jp(噴水キャバレエ)
c0054498_15285857.jpg

[PR]
by purima3 | 2016-10-21 15:36 | 噴水キャバレエ公演 | Trackback | Comments(0)

 
c0054498_11504098.jpg

 納涼サロン「朗読劇と甘美な舞」無事終わりました。お越し頂いたお客様ありがとうございます。
 朗読劇は「セメント樽の中の手紙」汗臭い労働者の男や若い女性を含めた4人の声色の使い分けを褒めて頂きましたが、作品の切れるナイフのような言葉に読み手が心から食い込んでいけなかったように感じて課題を残しました。
 朗読の後はダンスショータイム、バレエどじょうすくいを踊った後は、ベリー風ダンスをお客様と一緒に腰をクネクネ狂喜乱舞いたしました。トランス状態になっている方も居て、綺麗と奇霊が渦巻くカオスでした。
c0054498_11342890.jpg
 ゲストの窪田育世さん、インド舞踊を神秘的に踊っていただきました。

最後の踊りは中国を舞台にした「慕情」のデュエットダンスでした。中国皇帝と妖艶な小姓の踊りで、羽根やガラスパーツが沢山縫い込まれた孔雀色の衣裳は力作です。出た瞬間に客席から、歓声が上がりました。嬉しいですね。
 会場を飾った神田てうんさんのユニークなイラスト、高橋せつこさんの京都のお菓子のようなガラスアクセサリーも今回好評でした。

 体調不良で、昨年秋から1年、噴水キャバレエはお休みを頂いていました。たかが1年されど1年、長くて暗いトンネルでしたが、こうして再出発できました。次回もアートをご紹介するサロン、楽しいショーを開催したいと思います。
 
c0054498_11243390.jpg

 
c0054498_11391673.jpg

c0054498_11574150.jpg

慕情「 LOVE IS A MANY- SPLENDORED THING  」    
愛 それは妙なるもの 早咲きの薔薇のように可憐な愛を知り
一人の男に過ぎない私は 金色の王冠を戴いた・・・
あなたの手が私に触れて 頑なな私の心は 雄弁に歌い出した・・・

[PR]
by purima3 | 2015-08-31 11:20 | 噴水キャバレエ公演 | Trackback | Comments(0)
c0054498_12543873.jpg
c0054498_1323391.jpgc0054498_17424873.jpg

おかげさまで、Reader's Theater(朗読劇)とダンスのライブ、そして絵の個展の2日間を無事終えることができました。ご来場いただいた方々に、展示した絵や朗読劇の背後に飾るいけばなに関して様々なご意見やご感想を賜り、本当にありがとうござます。ライブは2月14日だったので、チョコレートも沢山頂ました。

 
スパニッシュ系の踊りも小泉八雲の朗読劇も好評でした。
昨年、「雪女」を演じたのですが、冷酷さと母性を併せ持つ不思議な妖怪の話でした。今回選んだ「忠五郎の話」は一見聖母のようでいて、実は人を魔界に引きずり込む醜い妖怪の話です。人は歳をとるにとれて押し殺さねばならない感情を沢山抱えてしまうものですが、怪奇な朗読劇は登場する妖怪や人物達の言葉を借りて、負の感情をストレートに表現できるので、読んでいて楽しいし、またチャレンジしてみたいです。
c0054498_13254937.jpg

[PR]
by purima3 | 2015-02-18 12:54 | 噴水キャバレエ公演 | Trackback | Comments(0)

無事終演いたしました。

 c0054498_11515749.jpg昨日の「吉祥寺デラックスナイト」の様子です。久々の満員でした。本当にご来場いただきありがとうございました。
 前半トークが滑り気味、踊もだらしなく踊ってしまったのですが、後半の田舎のサーカスを舞台にした創作バレエ「ピエロと少女」は役に入り込めたような気がします。フラフープを使ったプロムナードとか、なんとかうまくいきましたが、一番緊張しました。
 バレエの創作は再演したいな~と思うと同時に、サポート力がなくて、共演者に負担をかけてしまったので、体作りとか基本的な事を見直してチャレンジしたいと思います。
c0054498_1150781.jpg
c0054498_1159751.jpg

c0054498_016531.jpg
ピエロと少女のあらすじ
「とある国の小さなサーカスのピエロ。いつも一人で退屈な出し物の稽古・・・そこへ可愛いピエロの少女が現れて、二人でお稽古すると、素晴らしく楽しい演目になりました。ところがファシスト思想に傾倒しているサーカスの団長が、いつも仲良しのピエロと少女を目障りに思って、機関銃で銃殺してしまいます・・・。ピエロは心臓から赤い血を流しながら、少女の幻想と出し物を演じ続けます。天国の鐘が鳴る中でいつまでもいつまでも・・・。」

「吉祥寺デラックスナイト」
□8月30日(土)20時半開場~(お客様が揃い次第開演)
□吉祥寺アムリタスタジオ(吉祥寺本町2-17-12)
[PR]
by purima3 | 2014-08-31 11:54 | 噴水キャバレエ公演 | Trackback | Comments(0)
 c0054498_18495258.jpg


本日、無事に終わりました。ご知人の方々に、会場設営から接客、お衣裳の着付けまで手伝って頂き、着付けもろもろまで助けて頂きました。
 男性である自分は、木こりの主人公、ミノキチの台詞のほうが言いやすいのですが、雪女は裏声で演じました。聞き取りにくくなるのですが、吹雪と雪女の泣き声がミックスするラストでは、高い声の方がリアルに感じられたのではないかと思います。20分の朗読で、集中力を維持するのが大変なのですが、この作品は小泉八雲の作品の中でも、特に面白いと読み終わってから思いました。
 朗読の後の歌は余興みたいなもので・・・シャンソンとオペレッタでしたが、スーツを着て歌うのは初めてなのでとても楽しかったです。
 「青梅の冬山」をイメージしたオブジェのような生け花も、上手く出来たと思います。 
c0054498_185095.jpg

c0054498_18515295.jpg

[PR]
by purima3 | 2014-01-26 18:53 | 噴水キャバレエ公演 | Trackback | Comments(0)

紫の回廊2

冬のショーのお知らせです。前回好評だったショー「紫の回廊」の二作品目になります。ディスコソングに合わせて踊る華麗なダンスと、紫の大御所に扮した奇妙奇天烈なシャンソンの夜・・・。ご観覧のご予約お待ちいたしております。
 恍惚と笑いの噴水キャバレエが送るダンスショー「紫の回廊2」
☆日時  12月8日(日)19時半開場~(お客様がそろい次第開演)
☆場所   Icafe吉祥寺(東京都武蔵野市吉祥寺本町 1-26-4 2F)
☆チケット ¥2,500(前売り当日共に上演後清算。)
☆出演   フレディ・ダミザイド  KYOUSUKE
☆ご予約  purima3@excite.co.jp
c0054498_2017611.jpg

[PR]
by purima3 | 2013-11-16 03:48 | 噴水キャバレエ公演 | Trackback | Comments(0)

Dance Show「噴水キャバレエ」はクラシックバレエとコミックダンスの楽しいショータイムをご提供致します。どうぞお遊びにいらして下さいませ。


by KYOUSUKE