<   2011年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

c0054498_22323321.jpg

ムットーニ ワールド からくりシアターII
World of MUTTONI ~Automaton Theater II~ 場所:八王子市夢美術館

 時に怪奇的、時に抒情的、高級ホテルのロビーのように豪華で、流行りのミュージカルのように軽妙で・・・古今東西のありとあらゆる美しいものをカラクリ箱に詰め込んで、それぞれが幻のようなムットーニの作品。作品には個々のストーリーとあっと驚く仕掛けがあって、切なく胸に迫ってきます。
[PR]
by purima3 | 2011-06-24 22:32 | アート | Trackback | Comments(0)
 ラバムスワイ無事終演いたしました。お越しくださった方々には、内容が充実して神秘的なムードだと仰っていただけました。
 今回、会場入りしてから、気になる事が多すぎて集中力が持続できず、着替えをしくじったり、本番では表情が固まったまま踊っていた為に「座長いつもの覇気が無いね。」なんてお客様に心配されてしまったり・・・これは地道な下準備や体力づくりを怠った結果ですので、とても反省しております。
 小さなミスやハプニングが山積してしまい、完璧とはいえない舞台だったのですが、創作ダンスを15分間踊ったのは新しい試みでした。

 画像は、今回の創作ダンスのシーンです。曲は前半がサンサーンスの「バッカナル」、後半が映画ジークフェルド・フォーリーズから「ライムハウスブルース」です。 拙い踊りですが動画もごらんになれます。
⇒動画
      創作ダンス「再び咲いた蓮の花」 
 ジャングルに咲く花の元で戯れる二匹の雄と雌の蝶の元に、狂信的な蜘蛛の研究家(蛾)が訪れて、虫の世界を滅ぼす巨大な大蜘蛛(鬼)の恐怖を説きます。
c0054498_1571948.jpg

しかし蜘蛛を見たことの無い蝶は、大きな巣を張り蝶を捕食する蜘蛛の存在を信じず、逆に自分達と体の色が違う蛾をからかい、追い払ってしまいます。
c0054498_2319188.jpg


そこへ忍び寄る黒い影、大蜘蛛が蛾の研究家の言う通りに現れて、雌の蝶を食べようとします。
c0054498_2320375.jpg

c0054498_1574146.jpg

雄の蝶は必死で雌を庇いますが、蜘蛛の巣に捕らえられた雌はとうとう息絶えてしまいます。
c0054498_220548.jpg

雌の蝶を助けることができなかったと、嘆き悲しむ蝶や蛾の元に、生きとし生けるもの全てに慈悲を与えるお釈迦様がジャングルの精霊と共に嵐の雲間から光り輝く姿で現れます。
c0054498_2341389.jpg

お釈迦様の力によって雌の蝶は蓮の花の幻となって、再び雄の蝶の前に現れます。
愛しい蝶とのつかの間の再会・・・時の経つのを忘れ蓮の香りに包まれて踊り興じる二匹の蝶。
c0054498_2322484.jpg

c0054498_1581575.jpg

c0054498_23215328.jpg

やがて幻はジャングルの深い霧の中に消えていきます・・・。雄の蝶は幻でも雌の蝶と再会させてくれたお釈迦様に祈りを捧げ、物語は幕となります。
[PR]
by purima3 | 2011-06-08 01:58 | 噴水キャバレエ公演 | Trackback | Comments(0)

Dance Show「噴水キャバレエ」はクラシックバレエとコミックダンスの楽しいショータイムをご提供致します。どうぞお遊びにいらして下さいませ。


by KYOUSUKE