<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

カルーセル・エルドラド

 私が都内で一番好きな場所、それは豊島園遊園地の中にある「カレーセルエルドラド」。造られてから100年以上経ったアール・ヌーボー様式の豪華絢爛な回転木馬なんですが、その美しさはまさに、西洋の人が夢見た黄金郷エルドラドの輝き。ドイツの設計技師ヒューゴー・ハッセが作ったという事ですが、天上画はミシャのようなアール・ヌーボー調の美人画で、中央の主軸となる部分の装飾はオペラ座のようです。お馬さん、馬車、豚さん、どれもため息の出るような華麗な装飾が施されています。
 そんなカルーセルエルドラドの前で、噴水キャバレエのショーに何度も、ご出演頂いているダンサーのくりこさんが所属しているベリーダンスのお教室がショーをするというから、行ってまいりました。
c0054498_040482.jpg

 
 c0054498_0441481.jpg
 夕闇迫る回転木馬の前のベリーダンス、あっという間のショーでしたが、とても豪華な背景の前で繰り広げられるハーレムの舞に感動しました。衣裳もシックなのから、キラキラなのまで様々なものがありました。でも背景が極彩色の場合、着る物は相当趣向を凝らさないと後ろに負けてしまいますよね。
 くりこさんは暗めのトーンの衣裳を着てしっかり目立っていました。ベリーダンスはレストランなどで頻繁にショーが開催されているので、比較的何度か見る機会に恵まれているのですが、肩が凝らずに見られるので楽しいですね。

 
[PR]
by purima3 | 2011-09-26 00:53 | Trackback | Comments(0)
 噴水キャバレエ衣裳展終了。去年、瀬戸内の直島で古民家とアートの展示を見て、古民家での展示やりたいな~と思っていて、阿佐ヶ谷のギャラリーやら古民家やらが数軒ある通り沿いのワラビヤを見て、後先考えず企画したのが夏の初め・・・ドタバタとオープンして、その間ライブもやらかして、まさかの会期延長になって、そしてとうとう今日撤去。このユルユルの時が流れる阿佐ヶ谷の風景ともお別れなんだ~と思うと感傷的な気分になってしまいました。
 朗読劇「羅生門」とダンスライブではお客様にはスペースの都合上、狭い客席でご不自由をかけました。今回は常連さんよりも、一般客の方々が多くて、出番前は激しく緊張しましたが、フィナーレの頃にはリラックスして楽しい気分を味わえました。羅生門の朗読では語り部の私、踊り手のフレディ共にお婆ちゃんのような渋い色のお着物を着て、またそれが古びた材木のワラビヤの雰囲気にはまってて面白い空間になったと思います。
c0054498_2056208.jpg

c0054498_20582595.jpg

 衣裳展、ライブにいらして頂けたお客様、ステキな会場をお貸し頂いたワラビヤさん、本当にありがとうございました。
c0054498_20591498.jpg

[PR]
by purima3 | 2011-09-20 20:20 | 噴水キャバレエ公演 | Trackback | Comments(0)

開催中です。

c0054498_11453.jpg
「噴水キャバレエ衣裳展」が明日からお披露目です。(9月1日~19日)普段のライブの時の会場を飾るようにラフな感覚でやろう・・・とか思いながら展示作業をしましたが、なにせ残暑が厳しく、大汗での作業でした。夜になると間接照明などに衣裳や小道具が映えて、不思議でノスタルジックな空間になりました。

c0054498_16772.jpg

c0054498_2142062.jpg

[PR]
by purima3 | 2011-09-02 01:07 | アート | Trackback | Comments(0)

Dance Show「噴水キャバレエ」はクラシックバレエとコミックダンスの楽しいショータイムをご提供致します。どうぞお遊びにいらして下さいませ。


by KYOUSUKE