<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

瀬戸内芸術祭

 瀬戸内芸術祭の秋の会期に行ってまいりました。
c0054498_14571126.jpg
3年前は、宿泊施設を併せ持つ美術館があることで有名な直島と、傾斜に立つ家々が美しい男木島でしたが、今回は本島、女木島に行ってまいりました。塩飽水軍の島と歴史のある本島では、廃墟のお寺や民家での展示が印象的でした。
 女木島では、大竹伸朗さんの「女根」が今年より初登場です。様ざまな素材や廃材を利用した賑やかな空間です。風土に沿いながら、時代と共に忘れ去られる人々の記憶や、生命力のようなものが、華やかな亡霊としてたち現れる様に目に映りました。虹色のプラスチックパネルが随所に使われているのも、まるで昭和に度々開催された万国博覧会の展示会場のようで、見ているだけでワクワクします。c0054498_154185.jpg
c0054498_15184069.jpg
 丸亀駅前にある猪熊弦一郎美術館では、大竹伸朗展「ニューニュー」が開催されていました。こちらは海辺に打ち捨てられた廃スナックのような建物の中で、自動演奏をするギターが不気味な音を奏でる、シュールな作品が展示してありした。
 瀬戸内に、そして日本全国の海辺や山間の町に過疎の波が今現在押し寄せています。歓楽街やスナックの通りもかつての勢いを失っていますが、かろうじて灯している明かりに何か過去への郷愁のようなものを感じます。この作品にも同じような哀感を覚えました。

 c0054498_1522965.jpg瀬戸内から、東京に帰る日に、途中下車して兵庫県の酒造りで有名な「灘」に行ってきました。白壁作りの古い酒蔵がある町並みを想像していましたが、大工場が立ち並ぶ海沿いの閑散とした工場地帯でした。それもそのはずで阪神淡路大震災の時に、古い建物は大部分壊れてしまったようです。
 5箇所の酒造メーカーを回り、利き酒をしたり、昔のお酒の製法を見たりしました。西郷にある「沢の鶴」魚崎郷にある「菊正宗」「白鶴」「櫻正宗」「浜福鶴」。それぞれ多彩な展示を行っていた記念館や資料館のショップで、試飲して完璧に酩酊してしまい、よたつきながら小さな小瓶や酒粕を買ってきました。それぞれの商品が六甲山を背にした灘の風雅な雰囲気を感じさせるデザインでどれもお気に入りです。
c0054498_2248962.jpg
 
[PR]
by purima3 | 2013-10-22 15:22 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
 
c0054498_14244996.jpg

c0054498_14251025.jpg 10月6日に吉祥寺で行われた歌とダンスのショータイム「紫の回廊」、無事終演いたしました。紫の衣装に身を包んで繰り広げる、シャンソンにダンスの数々。全編刺激的なものを盛り込んだので危惧していた「ドン引き」と「大うけ」のお客様に分かれる結果となりました。
 「紫の回廊」改定を加えて再演致します予定ですのでどうぞ、次回のショーにどうぞご期待下さいませ。
[PR]
by purima3 | 2013-10-22 14:26 | 噴水キャバレエ公演 | Trackback | Comments(0)

Dance Show「噴水キャバレエ」はクラシックバレエとコミックダンスの楽しいショータイムをご提供致します。どうぞお遊びにいらして下さいませ。


by KYOUSUKE